映画 ザ・タワー 超高層ビル大火災

映画「ザ・タワー 超高層ビル大火災」

MENU

「ザ・タワー 超高層ビル大火災」の見どころと主要キャスト

お隣の国、韓国が誇る大迫力ディザスター・ムービーがザ・タワー超高層ビル大火災です。
タイトルからも想像できると思いますが、韓国のとある超高層ビルが火災に見まわれ大パニックになるというのが大まかなストーリーになります。

 

主演はTSUNAMI-ツナミ-でも知られるソル・ギョング、白夜行-白い闇の中を歩く-のソン・イェジンら韓国の実力派俳優が務めます。
ディザスター・ムービーというとどうしても災害そのもののリアリティや迫力に目が行ってしまいがちですが、この2人の見事な演技も見逃せません。
韓国映画のレベルの高さをまざまざと見せつけてくれます。

 

物語の舞台は韓国ソウルにある汝矣島、ここにはタワースカイという地上108階建ての超高層ビルがそびえ立っています。
タワースカイはクリスマスイブということもあって多くの人で賑わっており、そうした人をターゲットにしたフードモールで働くスタッフも忙しく動きまわっています。
そんなフードモールのマネージャーを務めるユニは仕事中ボヤ騒ぎに遭遇します。
幸いボヤで済んだものの、ユニはこの時タワースカイの換気設備に不安を抱きます。
そしてこの不安は最悪の形で現実のものとなるのです。
タワースカイの会長はタワースカイ周辺に10機のヘリを飛ばし、そのヘリから粉雪を降らせるという演出を行います。
素晴らしい演出になるはずでしたがそのうちの1機が操縦不能になりなんとタワースカイに激突、爆発炎上してしまいます。
タワースカイはあっという間に炎に包まれ、やがて巨大の炎の塊となってタワースカイ内部に居た人たちを襲います。

 

この作品は火災が起きた後、ビル内部から脱出しようとするサバイバルの様子、そしてそうした人達を救出しようとする消防士達の奮闘、2つの視点から展開していきます。
極限の状態でどんどん追い詰められていく人間、そして自分の命を顧みずに誰かを救おうとする人間の内面がよく描かれておりただただ派手なだけのディザスター・ムービーとは一味違います。
実写とCGを組み合わせた映像も迫力満点で、火災の恐ろしさや熱さが見ているこっちにも伝わってくるようです。
人間は命の危機に迫られた時どういった行動をするのか、またはどんなことを考えるのか、映画とはいえこうした点が生々しく映像化されています。
ビル内部に取り残された人達は助かることができるのか、消防士達は無事に救出することができるのか、迫力ある映像とともに見どころになっています。

超高層ビルになると防災にかかる費用もかなりかかりますよね。そういった面も含めてのオペレーションコストは莫大になりそうですから、大きな金額になりそうです。運転資金の借入なども大きな金額になりそうです。設備投資というのは大変ですね。

有効活用!ノンバンク~設備資金編~

比較的利子の低いノンバンクを有効活用する事で、設備資金の調達までもカバーすることが可能です。一般に設備投資といえば、高額になってしまうことが殆どでしょう。自己資金だけでは、間に合わないこともしばしばあります。そんな時は、計画的な返済計画を考えたうえで『ノンバンク』を利用するというのも一手です。とはいっても、設備投資の性質をふまえると、若干とはいえ、ノンバンクの利率がネックになることもあります。

 

そんな時にポイントとなるのが、『ノンバンクをしっかりと見極めること』です。基準としては、事業内容まで審査対象としている事があげられます。ある程度しっかりと審査するノンバンクほど利率も低い傾向にあるからです。ノンバンクとはいえ、せっかくなら利子が低いに越したことはありません。さらに、ノンバンクでも利子が安く設定される業者も増加している傾向にあります。事業計画や事業内容をしっかりと練ることで低い金利でノンバンクを利用しましょう。
企業経営の資金調達/運転資金の借入/法人融資ノンバンク

 

当然のことながら、利子が高いノンバンクでも『それ以上の利率』が見込める事業であれば十分に利用価値があるといってもいいでしょう。最近ではインターネットからでも融資の申し込みが可能となっていることからもノンバンクの利便性は非常に高いといえるでしょう。万が一、赤字経営の企業・個人事業主であっても融資を断られることは少ないですから、ノンバンクの性質を理解してさえいれば、積極的な活用を検討してみてもいいのではないでしょうか?また、不動産担保ローンを使うという手もありますね。

ノンバンクとは、銀行や信用金庫以外の金融機関のことを指す言葉で、銀行は預金を受け入れて、その資金で融資を行っていますが、ノンバンクは預金を受け入れていない為、開業時の資金や銀行から調達した資金で、消費者に融資を行っています。ノンバンクの金融機関としては、クレジットカード会社や消費者金融、信販会社、リース会社などになります。このような名前を聞くと分かるように、銀行や信用金庫より融資の審査が早く緩いことがメリットになっています。開業資金を調達しようとする場合、その金額にもよりますが、多くの場合は、長期間借りることになるので、できるだけ金利が低い方が、利息を合わせた最終的に返済する額が少なくなります...